基本中の基本である走行距離

安全に運転するなら走行距離が10万キロ以内

安全に運転できる車の条件として、走行距離が10万キロ以内であることがあげられます。しかし、10万キロを超えたからといってすぐに走れなくなるわけではありません。走行距離が長いと色々なトラブルがでやすくなるため、メンテナンスをしながら乗る必要があるということです。走行距離だけで見るなら、30万キロを超えても現役で走っている車はたくさんあります。一概に走行距離だけでなく、定期的にメンテナンスされていたかどうかが良質な中古車とそうでない中古車の分け目となるのです。走行距離が短い車でも、何年もずっと放置されていた場合はコンディションも悪く、メンテナンスの行き届いた走行距離10万キロ以上の車よりもトラブル発生率が高い可能性があります。

1年につき1万キロが目安

車の走行距離は、年式が古くなるほど伸びる傾向があります。走行距離は1年につき1万キロが目安となり、3年落ちのくるまなら3万キロ、5年落ちの車なら5万キロという計算となります。1年落ちの車なのに走行距離が3万キロの車は、かなり酷使された車だと判断できるでしょう。3年落ちの車の走行距離が1万キロ程度、5年落ちの車の走行距離が3万キロ程度なら、お買い得な車となります。ただし、注意しなければいけないのは走行距離が極端に短い車です。5年落ちの車なのに走行距離が1万キロにも満たない場合、5年間ほとんど放置されていた可能性も考えられます。お買い得に見えて、実はハズレの車の可能性が高くなるので気をつけましょう。